運用自動化の推進


アラート集約と自動フィルタリングによる適材適所へのエスカレーションの仕組み

属人的な運用や障害メッセージの洪水は、対応する社員の時間を浪費するだけでなく、モチベーションを下げ、対応レベルの低下に繋がります。

NRIでは、自社製品である運用管理ツール「千手」を中心とした統合運用管理基盤を構築し、障害メッセージの集約、障害インパクト解析、障害対応ナビゲーション、統合ビューによる可視化により、システム運用の自動化・標準化・効率化を推進しています。

お問い合わせ
株式会社 野村総合研究所 クラウドサービス本部
TEL:03-6706-0343 / E-mail:sysm-info@nri.co.jp

ページのトップへ