継続的な運用改善

NRIの考える「システム運用のあるべき姿」は、自動化されていること、個別対応がないこと、運用現場の各担当者が統一された手順で業務を遂行できるようにすることです。
ヒューマンエラーの削減、属人的運用の排除、コンプライアンス、安定運用をKSF(成功要因)と捉え、自動化、標準化、可視化の3つの視点から改善活動を行っています。NRIでは、この改善活動を専門とする品質向上委員会を設けており、日々、運用改善に努めています。

お問い合わせ
株式会社 野村総合研究所 クラウドサービス本部
TEL:03-6706-0343 / E-mail:sysm-info@nri.co.jp

ページのトップへ