ネットワークは共用が前提 処理能力の拡張策を使い分け

クラウド時代の「運用の常識」(第9回)

仮想化技術を利用したプライベートクラウドでは、従来とは異なるネットワーク運用の課題がある。多くのサブシステムや仮想マシンがネットワークを共用することにより、トラフィックの大幅な増加が見込まれるからだ。LANとWANに分けて、設計や運用の考慮点を説明する。

 トラフィック管理の対象として、ストレージには特に注意したい。複数の物理サーバーからのトラフィックが集中し、仮想マシンの性能に大きく影響を与えるからだ。NAS(ネットワーク接続ストレージ)や、iSCSIなどIPネットワークで接続する共有ストレージを利用するケースが増えている。その場合、仮想マシンの実体は共有ストレージ上のファイルとなり、仮想マシンにおけるディスクアクセスはすべて物理サーバーと共有ストレージ間のLANを流れるトラフィックとなる。

 ネットワークの監視運用についても、プライベートクラウドでは従来よりも高いレベルが求められる。プライベートクラウドのLANに障害が発生すると、そこで稼働している多くのシステムに影響が及ぶからだ。

 プライベートクラウドで障害時の原因調査や影響調査を迅速に行えるようにするには、従来の機器監視(死活/状態/性能)だけでは足りない。物理サーバー上の仮想スイッチ単体でみると、物理スイッチのノードダウンやリンクダウンに相当するような故障が把握できないからだ。そのため、従来の機器監視に加え、サブシステムごとにWebインタフェースとして稼働を確認するといったサービス監視の仕組みを作っておいたほうがよい。

シンクライアントを支えるWAN

 仮想化基盤やプライベートクラウドでシンクライアントが用いられる例が増えている。こうした仮想PC方式や、サーバーベース方式のシンクライアントがWANの設計や運用に影響を与える。その構成は、データセンターにシンクライアント用のサーバーを配置し、WANを介して拠点にあるシンクライアント端末を接続する(図2)

図2●シンクライアントシステムの構成とトラフィック特性

野村総合研究所 基盤サービス事業本部
クラウド推進部

田島 直樹
企業システムやASPサービスにおけるネットワーク(LAN/WAN)の設計や構築、維持管理を担当。
(著者プロフィールは執筆時のものです)

お問い合わせ

株式会社 野村総合研究所
クラウドサービス本部
TEL:03-6706-0331
E-mail:sysm-info@nri.co.jp

ページのトップへ