担い手、ツール、コストが変化 システム基盤の維持管理

クラウド時代の「運用の常識」(第7回)

システム基盤を安定稼働させるには、アプリケーションやユーザーニーズにシステム基盤を適合させる「維持管理」が欠かせない。統合化と外部サービス利用というクラウド化が進むことで、維持管理の常識が変わってきた。維持管理の担い手、ツール、コストがどう変化するかを把握しよう。

ライフサイクルが変わる

 クラウド以前と以後では、システム基盤のライフサイクルに違いがある。クラウド以前のシステム基盤は、開発プロジェクトの一環として構築されると、その後は運用フェーズに入り、老朽化の期限を迎えるまでそのまま使われ続ける。システム基盤を構成するハードウエアやソフトウエアには、メーカー保守を受けられる期限があり、それがシステム基盤の耐用年数となる。老朽化期限が近づくと、後継システムの開発プロジェクトやリプレースのためのプロジェクトが立ち上がり、新たなシステム基盤が作られる。このように、クラウド以前は、プロジェクトを単位としながら、構築・運用のサイクルが回っていたといえる。

 こうしたライフサイクルには、いくつかの課題がある。一つは費用対効果だ。システム基盤の更改で実現できる機能や性能の向上が、ユーザーにとって十分メリットのあるものならば、更改にかかるコスト負担への抵抗は少ない。しかし、費用対効果が低いと見なされれば、ユーザーは重荷と感じるだろう。もう一つ、変化対応のスピードも課題といえる。新たなユーザー要件が発生するたびに新たにシステム基盤を構築していては、ビジネスが求める俊敏性に応えられないという不満が生まれる。

 こうした課題の解決を目指し、クラウドサービスが普及してきたともいえる。企業が自社でシステム基盤を保有する場合でも、あらかじめ標準化したリソースをプール化しておき、必要に応じて個々の情報システムに割り当てるという形に変わってきた。従来の「作って、捨てる」という形態から、クラウド以後は「継続的に使い、徐々に拡張や変更を加える」という形態にシステム基盤のライフサイクルが変わってきたのだ(図2)

図2●クラウドが変える、システム基盤のライフサイクル

野村総合研究所 システムマネジメント事業本部
サービスサポート事業部 部長

平鹿 一久
データセンターの統合プロジェクトや、マネージドサービスの開発などに携わる。
システム基盤にかかわるプロジェクトマネージメント、運用サービスの企画・設計が専門。
ITコーディネータ、PMP資格を保有。
(著者プロフィールは執筆時のものです)

お問い合わせ

株式会社 野村総合研究所
クラウドサービス本部
TEL:03-6706-0331
E-mail:sysm-info@nri.co.jp

ページのトップへ